2020年02月29日

大混乱

今日2月29日はおよそ4年に1度の・・
と言ってられる状況ではないですね。

富山市立の小中学校は3月2日は登校日、
3月15日まで臨時休校とし、それ以後は
また連絡があるとのことです。

この決定に関しても最初は3月2日からお休みと言ったり
3月24日まで臨時休校(これ以後は春休み)と言ったり
すんなり決まったわけではないことが予想されますが
現場の職員の方々、家族の方々、
そしてなにより生徒たちの混乱はいかほどでしょうか。

3月2日が3年生にとって卒業式前の最後の登校となる可能性も高く
ただでさえ残り少ない友達との生活が一気に減ってしまいました。
卒業生を送りたい1,2年生は送り出すことができるのでしょうか。
そして国立の小中学校、あるいは他の市町村などでは
3月2日すらお休みになっており、
え、いきなりもうお別れ??となってしまうのでしょうか。

なんだかやるせない気持ちですが
ほとんどの生徒は大事な高校入試前のこの時期、
できるだけ実力を出せる環境を作ってあげたいものです。
posted by むぎ at 13:23| Comment(0) | 日記

2020年02月28日

休校要請

昨日の夕方にみなさんにとっては大ニュースがありましたね。
安倍総理が全国の公立小中高の休校を要請というものでした。

ある種すごい決断だとは思いますが、
現場での混乱は避けられないものになりそうです。

現場の人ではないのでもちろん詳しくないんですが、
おそらく現場である学校の先生など職員のみなさんは
残業中の学校でそのことをネットやテレビのニュースをきっかけに
知らされたんだと思います。

さて、現場である各学校の最高指揮官はもちろん校長先生なわけですが
例えば富山市立の中学校であれば富山市の方針も聞かなければならないし
あるいは県の教育委員会の方針も聞かなければならない。
政府からはあくまで「要請」であって、休校しないという選択肢はあります。

それら諸々の事を含めてもおそらくほとんどの校長先生は
まず休校の要請には従おうと考えると思います。
その上で

・残りの授業はどうする?
・卒業式や終業式などの行事はどうする?
・成績表なども渡さなければならないぞ

など現実的な問題をどうしようかと考えますが
それらについても「実施しない」「延期する」
など頭を悩ませる問題が出てきます。

そしておそらく生徒の関係者などから
問い合わせもたくさん来たでしょう。
「まだ何も決まってない」としか答えられないのですが、
生徒が学校に行く、行かないによって
各家庭の方たちの行動も変わってくることを知り
現場の問題が現場だけの問題じゃないことに気づきます。


そうなると話は最初に戻り
「休校の要請には従う」はずだったのが
「本当に従う必要はあるのか?」という選択肢もまた
取りうる選択肢として浮上してくることになります。

富山市立の学校だけでもすべての校長先生の意見が一致することは
無いと思いますが、そうなると校長先生たちは
富山市、富山県の意向をうかがうことになります。

そして富山市や富山県でもやはり
様々な意見で頭を悩ませているでしょう。

国立の中学校である富大附属あたりはまちがいなく休校となると思いますが
さてさて、どうなることやら。
posted by むぎ at 13:49| Comment(0) | 日記

2020年02月27日

受検生のラストスパート

3学期の期末テスト(学年末テスト)は
もう終わったところもあればこれからのところもあります。

「今回すごく難しかった」
と3年生の生徒が問題を持ってきてくれたのですが、
なるほど確かに難問が多く、
その生徒がいつもより点数を落としていたのも納得でした。

分からなかった問題を即解説していたのですが
1つだけ答えが即刻導けなくて、後回しにしたのは
僕もまだまだですね。

他の問題を解説し終わったあとさっきの問題に戻ると
あっさりと解法は見つかったのですが、
県立高校入試の一番難しそうな問題に近いレベルが
2,3問あれば生徒の方も時間がかなりかかったと思います。
(手を出せなかった問題も多数発生かな)

テスト前のこの時期に難しい問題を出して生徒に奮起を促すのか
簡単な問題を出して自信をつけさせるのかは先生によって
色々な考え方があると思いますが

普段自分からはあまり積極的に間違った問題を
見直すタイプではなかった生徒が
自分からこの時期の最後の詰めとばかりに聞いてきたのは
非常にうれしかったですね。
頑張れ!
posted by むぎ at 14:22| Comment(0) | 日記