2020年11月12日

冬休みは例年通りの日程とのこと

先日富山市立の中学校において冬休みの期間が
例年通りとなることが発表されたようですね。

コロナ禍で遅れていた授業の進行も
どうやら例年のスピードに追い付いていけそうということで
この発表となったようです。
生徒のみなさん含め関係者のみなさんもホッとしたのでは。

とはいえ北海道をはじめ再びコロナウィルス拡大の報告が。

学校のほう、特に中3生の先生方も
追いついてきたからと手綱を緩めずに
終われるなら早く全課程を終わらせて欲しいと思います。
posted by むぎ at 12:19| Comment(0) | 日記

2020年11月11日

時代を超えたスーパースター

スポーツの話題で時々出てくるのが「時代を超えた論争」。

昔のスーパースターが今の時代に現役選手だったら
どこまで通用するのか?
あるいは今の時代であってもナンバーワンで居られるのか?
というお話。


昔からのファン、昔を知らないファンらが
ああでもない、こうでもないと話し出すと
全く止まらなくなっちゃいます。

大抵のスポーツにおいては徐々に競技レベルが上がっており、
昔のスーパースターであっても
当時の実力のままだと厳しいだろうという場合が多いですが
周りのレベルが上がればその選手もさらに工夫をこらしレベルが上がることで
その選手はやっぱり活躍するのではという話も一理あります。


ところで、全体のレベルが上がってるはずであろう音楽の世界。
昔では出せなかった音が今は出せるようになってたり
人の力では限界があった音のスピードを機械に任せることで
次々と可能性を広げている世界ですが
今の小中学生が昔の曲を聞いたらやはり評価すると思うんです。
あくまで個人的なイメージではありますが。

これはなぜなんでしょうか??

勝敗が重視されるスポーツの世界にくらべ、
音楽の世界は人々の感性に訴えかけるものであり、
それが有る限りは時代を超えて評価されるということなんでしょう。

と同時に「昔の曲は良かったのに今の曲は・・・」
と言い出したらたいていオジサン扱いされちゃうので
今の曲もある程度は知っておかないとと焦る今日この頃です(笑)
posted by むぎ at 11:45| Comment(0) | 日記

2020年11月09日

駅伝の代替大会

昨日富山県中学校の駅伝大会(代替大会)が行われたようですが
参加校は例年の2-3割程度だったようです。

参加校がグッと減った理由については
・代替大会であること
・各種競技の県選抜大会などと日程がかぶったこと
・例年より開催時期が遅く、また日程が決まるのも遅かったので
 練習時間が取れなかったこと
・3年生の受験が近い事

などがあげられますが、今回ばかりは仕方なかったと思います。

選手や開催に携わった方はどうもお疲れさまでした。

posted by むぎ at 12:34| Comment(0) | 日記