2021年07月14日

先回り

夏休みが近づいてます。
たいていの学校はあと1週間くらいで夏休みに突入でしょうか。
夏休みの宿題はまだ発表されてないようですが
夏休みに課題として出されるものを予測して
前倒しで宿題?を進めてる生徒もいるようです。

現時点での中3生は高校受験にむけてすでに意識が高い生徒、
まだ先の話だとお気楽モードになっている生徒と
温度差があるのが実情だと思いますが、
夏休みの1か月をどう過ごすかで一気に他の生徒との順位が
入れ替わることになると思います。

がんばれ!
posted by むぎ at 12:55| Comment(0) | 日記

2021年07月12日

アルゼンチン、イタリア、富山

サッカーの話題が立て続けに。

コパ・アメリカ(南米選手権)はアルゼンチンが優勝し、
見事南米チャンピオンに。

ブラジルと並ぶ南米の雄と言われますが、
個人的には近年のアルゼンチンは間違いなく格落ちする
いわゆる中堅グループに属すると思っていました。

しかし、他の中堅国と違うのは優勝候補と言われるグループと
優勝する確率はさほど引けを取らないということ。
平素はそんなに強くないのですが、潜在能力は非常に高い、
強力な武器を持つ国であるということ。

なかなか発揮されないので普段はあっさり負けても驚かないのですが、
ついにというか久々にやりました!


次のニュースは欧州選手権が終わりイタリアが欧州チャンピオンになったこと。
イタリアという国は他の国と違い守備に比重を置く国でした。
サッカーというスポーツは長らく守備を固めてカウンターで1点を獲るというのが
もっとも効率の良い勝ち方と言われ、
世界的には「そんなの美しくない」という風潮でしたが、
イタリアでは「素晴らしい!」とされていました。

ところが90年代あたりからでしょうか?
サッカーでは守備は組織的に、攻撃は選手の発想任せだったのが
攻撃にも戦術はあるということを追求する国が次々と現れ
イタリアは完全にその流れに乗り遅れました
(それまで結果が出てたので・・・)

徐々に攻撃の大事さにも目を向けていくことになったイタリアは
しばらく我慢の時期が続きましたが今回とうとう花を開いたことになります


そして最後に!
サッカーJ3は五輪などによりしばらく中断に入りましたが
前半戦を終えてカターレが首位!

とはいえ2位とは勝ち点が同じ
3位以降もダンゴ状態となっており
中断期間のチーム構築の上手くいったチームが
後半戦は抜け出すことになるでしょう。

新戦力も加わり、史上まれにみる混戦を抜け出して欲しいと思います。
posted by むぎ at 11:27| Comment(0) | 日記

2021年07月10日

いい問題

連日蒸しますが、そろそろ梅雨明けも近いのでしょうか


各都道府県立高校の入試問題や、私立高校の入試問題。
ここ3か月ほどは目を通す機会がいったんグッと減っていますが
それでも時おりいい問題に出くわすことがあります。

つい先日、ひとついい問題に出会いました。

いい問題とは決して難しい問題というわけではなく、
生徒にじっくり考えてほしいと思える問題です。


ただ、生徒の練習用に解くにはすごくいい問題ですが
入試本番であの問題を出されると時間との戦いが・・。
富山県の高校ではまず出ないだろうなあと思わせる問題。
でも時間があったら生徒に解かせてみようかな
posted by むぎ at 19:24| Comment(0) | 日記