2021年09月27日

見てないようで見てる

サッカーでは今年の夏に多くの選手が欧州へと舞台を移しました。

その1人、日本代表選手である冨安選手はイングランドの名門アーセナルに移籍。
名門ではあるものの近年特に優勝に絡むということはなく
今年は開幕3連敗で最下位という最悪のスタート。

しかし冨安選手合流後昨日までに3連勝。
順位も真ん中あたりまで一気にあがってきました。

もちろん冨安選手一人だけのおかげというわけではなく
色々な要素がかみ合ってのことだと思いますが
早くもファンからは信頼を得た模様。
シーズンは長いので今後も継続な活躍が期待されています。

その一方でベルギーに移籍した三笘選手。
個人的には即代表で試合に出すべき選手だと思いますが
今のところ代表にはまだ呼ばれず五輪代表止まり。

移籍先のウニオン・サン・ジロワーズは
今年2部から1部に昇格してきたばかりの
いわば弱小クラブ。

と思いきや開幕直後から絶好調で首位争い。
「勝っているチームはいじるな」
という格言通り三笘選手が合流しても
なかなか先発のチャンスは回ってこず、途中出場ばかりです。

おそらくチームが好調なうちはケガ人でも出ない限り
まず先発は無いとは思います。

しかしながら普段の練習を監督は見ています。
いざチームが不調に陥った時やケガ人が出た時、
監督のそれぞれの選手に対する序列は一気に変わるでしょう。

それまでは何としても途中出場で結果を出し、
一気に突き抜けた存在へとなってほしいと思います。
posted by むぎ at 10:27| Comment(0) | 日記