2022年02月16日

大雪の予報

雪が降ってます。

明日まで北陸地方は大雪との予報が出ているようで
あまり降らないよう祈っているところです。

外が真っ白になっている構図はキレイだし
景色としては好きなんですけどね。



それとは関係なく生徒たちは今日も登校中。
しっかり勉強を頑張っていることでしょう。
推薦の合否が発表されることもありソワソワしてる生徒も居るでしょうが、
当事者となっている生徒は仕方ないかな・・。
posted by むぎ at 13:17| Comment(0) | 日記

2022年02月14日

国立高専高校の入試問題

昨日行われた高専高校の入試問題。

高専高校の入試問題は例年は富山県の入試問題よりも難しく、
個人的には富山の1.2倍から1.3倍くらい時間もかかっていました。

まず一番簡単な問題からしてそこまで簡単じゃないというか、
ある程度以上数学の点数が高い人用に作られている感じです。


ところが・・
昨日行われた問題をやってみたところ群を抜いて最短時間で完答。
富山の県立入試でもここまで早かったことは無かったと思います。

受験生にとっては難しい問題だったのかと言われると
あまりそうではないような。

個人的にももっと早く行けた、
この問題はもっとラクにできたと反省しながらのこの状況。

最後の大問がひょっとして
何を言ってるのか分からなかった受験生が居たかもしれませんが
それを除けばまあ悪くない問題だったのでは。
(高専のレベルとしてはもっと難易度を上げてよかった気がしますけど)
posted by むぎ at 17:38| Comment(0) | 日記

2022年02月12日

こういうのを待っていた

推薦の入試が終わった生徒のみなさんはお疲れさまでした。

とはいえ合否がまだ分からない現在、
万が一の場合に備えて県立入試の本試験に備えて勉強している生徒には
敬服します。

もっとも、合格していたとしても
中学の範囲をほぼ完ぺきにしてほしいところではありますが。


今日チャレンジした1年前の他県の入試問題。

最後の問題が受検者にとってどこから手を付けていいのか分からない問題だったのかもしれませんが
発想ひとつですごく簡単な問題に様変わり。
当の受検者たちにとって正答率が1%にも満たなかったそうですが
個人的には大好きな素晴らしい問題だったと思います。

最後の問題だったのでそもそも手を付けられなかった生徒が居たとは思いますが
これは塾の生徒たちにぜひやってほしい問題だなと思いました。
posted by むぎ at 18:24| Comment(0) | 日記