2022年12月06日

ベスト8の壁は厚い

ワールドカップ決勝トーナメント1回戦クロアチア戦は1-1からのPKで敗退。

サプライズ続きで気分がジェットコースターのごとく上下動した大会ですが
日本代表は姿を消すこととなりました。

日本代表を応援する者としては非常に楽しい、しかし非常に悔しい大会になりました。


ドイツ、スペインのような強豪国は自分たちのやりたいことをそのままやって
相手を制圧してくるチームなので
日本は対策しやすかったとも言えます
(ドイツの場合優勝候補相手にはまた違ったことをすると思いますが
 格下と見ていた日本相手には攻撃で圧倒しに来るのは目に見えていました)

しかしクロアチアはコスタリカと同じく
必要と有れば相手の良さを消すことを主眼に置けるタイプ。

あまり強く感じないのになんだか自分たちの良さが上手く出せなかった、
そんな感想だった人も多いかと思います。


ここからはいちサッカーファンとしてワールドカップを楽しむモードに入ります。


日本代表の方々、お疲れ様。ありがとう。
posted by むぎ at 12:58| Comment(0) | 日記