2022年03月28日

ただの消化試合ではない

昨日行われたカターレの試合は
北九州相手に逆転負け。

コーナーキックからのチャンスから
決定的なカウンターを食らう場面が続きましたが、
これは「点を取りに行くために多少のリスク(危険)は仕方ない」なのか
単純にリスク管理が出来ていないだけなのか。

1勝2敗と苦しいスタートになっていますが
ここから巻き返すためのカギの一つとなりそう。


もうひとつサッカーの話題。
先日ワールドカップアジア最終予選でオーストラリアに勝ち
ワールドカップ出場を決めた日本代表。

明日予選の最終戦であるベトナム戦が行われますが
ワールドカップ予選(=ワールドカップ出場を決めるための試合)としては
完全な消化試合になります。


しかし色々な意味でこれは消化試合ではありません。

1)ワールドカップの抽選において32チームを
ポット1からポット4までランク付けるわけですが、
その基準はFIFAランクといういわば世界のランキングで決定され、
日本は現在ポット3ながら試合の結果および他国の試合結果で
ポット2に浮上する可能性があること。
ポット2に入れば対戦国はポット1(いわゆる第一シード)、
ポット3,ポット4の国との対戦となるため
多少軽い相手となってきます

2)ワールドカップ本大会まで個々の選手たちは
メンバー入りするためにアピールの場となります。
格下といわれるベトナム戦で負けた場合、
出場していた選手の序列が下がってしまいます。
そのためチームとして勝つことと自分が活躍することを両立させることが
選手個々の目標となってきます。

3)ホームでの凱旋試合。
多少気が緩むところがあったとて、勝たないと
祝福ムードは一気に冷めてしまうでしょう。


怪我などのため離脱する選手もいるようですが
苦戦していたアジア予選の最終戦を勝って
終わってみれば順当に首位通過を果たして欲しい所です。
posted by むぎ at 12:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。