2022年09月08日

伝統、破壊、再生

天気が心配されていた塾の生徒の最大勢力である学校での体育大会(運動会)は
無事開催出来たようで、大変良かったです。
個人的にも母校であるために、
興味を持って生徒から少し話を聞いたりしていました。

去年はコロナ禍で開催されなかったために
各団が上級生から引き継ぐべき色々なことが
今年はうまく引き継がれないまま、
各生徒は手探りの状態だったのかなと思います。


とはいえ生徒たちはたくましいので
自分たちで色々工夫をこらしていくでしょうし、
失敗に対する教訓などは来年に受け継がれていくのでしょう。

その積み重ねが以前と同じようなものを再び生み出すのか、
あるいは形を変えて全く新しいものになっていくのか。

来年度を最上級生として迎える生徒たちは
1年後の大変さをなんとなく想像していたようでしたが
傍で無責任に話を聞いてる自分には
楽しそうだなとしか思えませんでした(笑)
posted by むぎ at 12:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。