2021年06月14日

ケガからの復帰は慎重に

とある陸上選手の話。

スポーツ選手にはケガがつきもので
その選手も肉離れを何度かしたことがあるそうです。

中高生で肉離れを経験したことがある人は少数派だとは思いますが
なった人には「なるほど、肉離れって言葉の意味分かるわ」
って痛み方をします。

太ももの裏がよく肉離れをしやすいと言われますが
当然ほとんど走ることはできません。

ところが日数が経って治ってくると
走りたくなるんですねえ。
で、治りきってないのにやるもんだから
再発しやすいと。

一般人にはどの時点で完治したのか分かりづらいところですが、
少なくとも「痛みが無くなった=完治」ではないので
我慢が必要となってきます。

でも当事者となると「もう大丈夫でしょ」と動きたくなるんですが・・。


その陸上選手の後悔として、以上のことは頭では分かり切っているのに
結局動いて再発の繰り返しだったと。
なので我慢すべきところは我慢してくださいとのことでした。


陸上選手に限らず色々な運動部の生徒がいます。
運動部員に限らないのですが、ケガをした場合の復帰は
自分に我慢を課してください。

ちなみに僕の知り合いの知り合いはよく捻挫してたそうです。
posted by むぎ at 12:52| Comment(0) | 日記

2021年06月12日

単なるちょっとした不運、で片付けるために

2022年ワールドカップを目指すサッカーの日本代表(フル代表)、
今年の五輪を目指すU24日本代表、女子日本代表(なでしこ)が
連日試合をしています。

昨日はフル代表がセルビアとの親善試合。
結論は1-0でしたが試合をほぼコントロール。
1-0の時にFWオナイウ阿道選手の初代表での初ゴールかと思われましたが
これはオフサイドの判定。
これは誤審でした・・。

サッカーの主審、副審は1試合を完璧にこなそうと思ったら
それはもう神の領域に近い難易度だと思います。
そんな中世界の審判たちはとてもよく頑張っています。
近年はVAR(ビデオアシスタントレフェリー)も登場し
負担は軽くなったものの、それでも難しい場面が目白押し。

ただし昨日の誤審は・・・意外と簡単な場面での誤審となりました。
まあ人間だもの。たまにはやらかします。
しかも昨日の試合は親善試合ということもあり
VARは採用されていませんでした。

試合はほぼ日本代表ペースだっただけに
2-0となっていればその時点でほぼ勝負あり、となったことでしょう。
そういう意味では試合終了まで1点差であったことは
試合の興味をひきつけるためにある意味役立ったとは思います。

ただしそれにより代表初ゴールを取り消されたオナイウ選手は
なんとも不運ではあったと思います。

プロサッカー選手はゴールという結果を出すことにより
注目を浴び海外のクラブからも注目されやすくなります。
世界の有能なスカウトはワンゴールだけを見てるわけではないと信じたいのですが、
実際は一つのゴールで注目され、切り捨てられるという
数字にもうるさい世界。

これをバネに代表に定着する活躍を見せてくれたらと思います。
posted by むぎ at 10:08| Comment(0) | 日記

2021年06月11日

旅にアクシデントはつきもの

先日軽く触れた旅してる人の動画。

Youtubeなどでは行き先での有名な観光地などの見どころや
面白かった部分に触れて
楽しかった旅を振り返るようになってるのが主流でしょう。

しかし旅にアクシデントはつきもの。
感染症などの病気になったりすることも
現実として可能性がある事もまた事実。

動画内では軽く病気になったことにも触れ
熱を出して寝てる場面も少し映していました。
実際は相当つらかったんでしょうけど。

ただ、終わってしまえばそれは一つの思い出として
本人も懐かしんでるような気がしないでもないので
長い旅行に行くときはアクシデントも楽しめる精神が必要なのかなと思います。

この動画はまだまだ続くようですが
この先も色々あるんだろうな・・・ワクワク。
posted by むぎ at 13:44| Comment(0) | 日記